ヒルトンアメックスとヒルトンアメックスプレミアムの比較[特典やメリット・デメリット]

ヒルトンアメックスとヒルトンアメックスプレミアム

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ カードはヒルトンをよく利用する方であれば、作っておいて間違い無いカードだと言えます。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードのクレジットカードには、通常カードプレミアムカードの2種類があります。カード作成時にどちらがいいのか?迷われる方も多い事でしょう。実際に使ってみて、どちらが良いのか?メリット・デメリットを比較していきたいと思います。

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードの比較表

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードの違いは以下の表をご確認ください。

カード名ヒルトンアメックスヒルトンアメックスプレミアム
デザインヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス
発行会社American Express International, Inc.
年会費16,500円(税込)66,000円(税込)
入会条件原則として20歳以上の定職に就いている方
※パート・アルバイトの方は申込不可
家族カード1枚目無料
※2枚目以降6,600円(税込)
3枚まで無料
※4枚目以降13,200円(税込)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料は1枚につき935円(税込)
国際ブランドAmerican Express
電子マネーApple Pay、タッチ決済
ポイントヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント
ポイント有効期限ポイント獲得月から15ヵ月(1年3ヶ月)
※ポイントの獲得または利用で延長
ポイント付与率2.0%
※100円(税込)ごとに2ポイント
ヒルトングループでの利用時は3.0%
3.0%
※100円(税込)ごとに3ポイント
ヒルトングループでの利用時は7.0%
締め日/支払日登録金融機関により異なる
海外旅行傷害保険最高3,000万円
(利用付帯)
最高1億円
(利用付帯)
国内旅行傷害保険最高2,000万円
(利用付帯)
最高5,000万円
(利用付帯)
航空便遅延費用補償
(海外旅行)

※最高4万円
ショッピング保険最高200万円最高500万円
キャンセル・プロテクション
※最高10万円
スマートフォン・プロテクション
※年間最高3万円
オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション1商品につき
最高3万円
1商品につき
最高3万円
JR東海エクスプレス予約サービス
京都特別観光ラウンジ
※同伴者3名まで無料
空港ラウンジ
※同伴者1名まで無料

※同伴者1名まで無料
手荷物無料宅配サービス
大型手荷物宅配優待特典
空港パーキング

無料ポーターサービス
グローバル・ホットライン
オーバーシーズ・アシスト
※グローバル・ホットラインの上位版
海外用レンタル携帯電話特典
レンタカー5%OFF
新国立劇場での特典
ゴールド・ワインクラブ
ヒルトン・オナーズ
ゴールドステータス

※無条件で取得

※無条件で取得
ヒルトン・オナーズ
ダイヤモンドステータス

※年間200万円以上利用で取得
ウィークエンド無料宿泊
※最大1泊プレゼント

※最大2泊プレゼント
HPCJの年会費優待
通常年会費:25,000円(税込)

※初年度10,000円(税込)

※初年度無料

上記の一覧表の通りカードの一番の違いは年会費です。

プレミアムと通常カードでは49,500円の差が生じてきます。どちらが適しているカードでしょうか?

ヒルトンアメックスの方がメリットがある方

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス

コストを抑えてヒルトンゴールド会員を取得したい

カード利用額が年150万円以上(ウィークエンド宿泊特典獲得

主な特典

  • ヒルトン・オナーズのゴールド会員
  • 年1泊のウィークエンド無料宿泊特典(年150万円のカード利用)

通常カードでもヒルトン・オナーズのゴールド会員特典は無条件で得られて、年150万円のカードショッピングでウィークエンド無料宿泊特典を得られます。

ヒルトンゴールド会員特典は客室アップグレード・無料朝食や駐車場無料(ホテルによる)などの特典が大きな利点です。

ヒルトンアメックス・プレミアムカードの方がメリットがある方

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム

ヒルトンダイヤモンド会員を取得したい

カード利用が年300万円以上(無料宿泊が年2回に)

主な特典

  • ヒルトンゴールド会員
  • 年1泊のウィークエンド無料宿泊特典
  • ヒルトンダイヤモンド会員取得(年200万円のカード利用)
  • 1泊のウィークエンド無料宿泊追加(年300万円のカード利用)
  • プレミアムの方がより多くポイントを獲得できる

プレミアムカードの最大のメリットは年200万円のカード利用があれば、ヒルトンダイヤモンド会員を取得できる点です。また、300万円のカード利用で無料宿泊特典がもう一泊分追加されます。

ポイント付与率に関しては上記の差が生じます。ヒルトンに宿泊した場合はカード利用時に7%も貯まるのはメリットですね。年間を通して宿泊数が多い方はこちらも大きな特典ではないでしょうか。

ポイント付与率の違い

カード名一般加盟店での利用ヒルトングループでの利用
ヒルトン・アメックス2%3%
ヒルトンアメックス・プレミアムカード3%7%

ヒルトンのダイヤモンドとゴールドの特典の違いとは?

客室のアップグレードでスイートルームになる可能性も

  • ダイヤモンドだと1ベッドルームスイートまで
  • ゴールドだとエグゼクティブルームまで

アップグレードがあるか無いかはもちろん当日の部屋の空き状況次第ですが、ダイヤモンドの場合はスイートになる可能性もあるということです。

エリートランクボーナスポイント(宿泊時のポイント付与率)

  • ダイヤモンドだと100%加算
  • ゴールドだと80%加算

ダイヤモンドだと20%ゴールドよりポイントが貯まり、宿泊ポイントが100%アップ、つまり2倍ということになります。例えば滞在時に$1支払うと、ダイヤモンドだと20ポイント、ゴールドだと18ポイント加算されるという差が生じます。

エグゼクティブラウンジの利用

  • ダイヤモンドはラウンジが使用できる
  • ゴールドはラウンジが使用できない

ラウンジの使用の有無が最大の違いかもしれません。

その他、48時間の客室保証(48時間前までにご予約いただくと、客室を保証いたします。)という点とホテル内のWi-Fiスピードに差があるようです。ゴールドの場合はスタンダードですが、ダイヤモンドだとプレミアWi-Fiが使用できるという点に違いがあります。

ヒルトンオーナーズ会員への登録方法や詳細に関しましては以下のページをご確認ください。

結局のところどっちがお得?

結局のところ、ご自身の利用頻度と特典の相違を考慮し、差額の49,500円をペイできるかどうかという点になるかと思います。

年間の利用額が300万円以上でヒルトンを多く利用される方はプレミアムをお勧めします。

300万の利用で無料宿泊が2泊となり、ダイヤモンドにもなれるのでカードの差額は十分にペイできるでしょう。200万円以上の利用でもダイヤモンドの権利は得られ、複数回宿泊すればそれ以上の付加価値を得られるかもしれませんが、やはりプレミアムをフル活用できるのは年300万円以上の利用のある方でしょう。

年間の利用額が300万円未満の方は通常カードをお勧めします。

我が家の例ですが、年間の利用額は200万以上300万円未満で、プレミアムにするか迷いましたが、幼児もいる為にラウンジの利用もしにくいと考え、悩んだ挙句に通常カードの方を利用しています。

ポイント付与率の違いも検討しましたが、ヒルトンのポイントの価値は概ね1ポイント=0.5円程度です。それ以下の時もあり、あまりこの違いの特典はよほど宿泊数が多く無いと恩恵を感じられないと考えた点もありました。現在のところは年会費以上に満足感はあります。

いずれにしてもこのカードの利点は大きいと言えます。

ヒルトンゴールド会員になるには、20回の滞在または40泊、または75,000 オナーズ・ベースポイントが必要です。

ヒルトンダイヤモンド会員になるには、30回の滞在または60泊、または120,000 オナーズ・ベースポイントが必要です。

上記の条件が必要になりますので、カード作成だけでゴールドを取得できるのは大変大きなメリットですね🎵

㊙ヒルトンアメックスカードへお得に入会する方法

    AMEX公式の規約上、Webサイト等で宣伝する行為が禁止されている為、ご希望の方にはメールにてご案内致します。

    ■ 詳細をご希望の方

    以下のフォームからメールアドレスをご入力ください。

    ※ メールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。 (お使いのアドレスによっては迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう事があります)

    本WebサイトはSSL暗号化通信に対応しています。個人情報は暗号化して送信され、第三者に見られることはありません。
    また、ご入力頂きましたメールアドレスは利用することはありません。

    タイトルとURLをコピーしました